しばらく忘れられそうにない風俗

しばらく忘れられそうにない風俗

投稿日:2015年6月25日 カテゴリ:いつもニコニコするための風俗体験談

話の流れでそうなったんですが、風俗に行くことになりました。どこでそんなことになったかと言うと、学生時代の友達と飲んでいた飲み会でです。友達の一人 が酔ってしまって風俗に行くと言いだしたんです。最初は止めていた他のやつも結局は男ですから、最終的に、酔ってしまった友達のいやらしい提案に乗ること になってしまいました。実は、俺は風俗に行くのは初めてだったんです。でも、まるで風俗慣れしているように振る舞っておきました。行ったのはピンサロだっ たんですが、店の中の薄暗さに淫靡な雰囲気を感じました。その淫靡さが、これから始まるいやらしいプレイを想像させて、俺は体を反応させてしまいました。 プレイが始まると、女の子が俺のものを口でガッツリと咥えて気持ち良くしてくれます。俺は、これが口の気持ち良さかと思いながら、襲ってくる激しい快感に 懸命に耐えていました。でもすぐに我慢ができなくなって、ものすごい快感とともに果ててしまいました。このときの気持ち良さはしばらく忘れられそうにあり ません。